【自分だけでは限界がある!?】相続税の申告や対策は税理士に依頼してみよう! | 相続税対策に税理士顧問って必要?

【自分だけでは限界がある!?】相続税の申告や対策は税理士に依頼してみよう!

財産の相続が起きてしまったとき、すべて自分で手続きを済ませようと考える人も多いと思います。
しかし、相続に関しては税理士にお願いをしたほうがいいと言われています。
その理由と自分で手続きをする際の申告の仕方、必要書類などを見ていきましょう。

▼ 目次

どうして相続では税理士が必要なの?

財産の相続が行われるとき、税理士を利用したほうがいいという意見が多いのですが、どうして税理士が必要だと言われているのでしょうか。
それには相続税が関係していて、税理士に相続について依頼をすることで相続税の納付額が下がると言われています。
税理士に依頼をすることで土地の評価額を下げてもらえたり、事前に相続相談をしておくことで節税をすることも可能だからです。

自分で相続税の手続をするととても大変!?

被相続人となる親が亡くなってしまい自分で相続税の手続を行う場合は、生前にたくさん引っ越していたときに大変になってしまうと言われています。
引っ越しのたびに本籍地を変更していた場合は、戸籍謄本を集めるのに時間がかかってしまうことが予想されるからです。
戸籍謄本が欲しいというだけなのに市役所は平日しか開いていないことで、仕事を休んでまでわざわざ戸籍謄本を集めなければなりません。
また、誰の手も借りないということになると、相続登記や相続税対策なども自分で行わなければならなくなってしまうため、自分ですべての相続税手続をすることは大変だと考えられています。

財産の相続で難しいポイントは?

財産の相続が起きたとき難しいポイントとはどんなところなのでしょうか。
相続が起きたときにポイントとなるのは、相続税がかかるのか否か、法定相続人が何人いるか、分割で分ける財産はどれだけあるか、相続対策では何が効果的かという部分です。
まずは、残された財産を調べて相続税がかかるか否かを判断してもらうためにも、税理士に相続財産調査を行ってもらいましょう。
その結果を聞いてから、控除してもらえる相続税はいくらなのかを計算し、相続人の人数や分ける財産を決めていきます。
この分割を終えてからでないと相続税の申告が出来ないので、税理士でも行政書士の資格を持っている人に分割について相談してみましょう。

税理士に相続税の依頼をするときは何に注意する?

上記を見て自分で相続税の手続を行うのが大変だと思った場合は、税理士に依頼をして書類の作成や相続対策等を行ってもらいましょう。
しかし、実際にはどんな税理士に依頼をすればいいのか分からないという人が多いと思います。
税理士に相続税の申告をしてもらいたいのであれば、こういった分野を得意とする税理士を選んだほうがいいでしょう。
税理士には法人税や消費税、所得税や相続税などの専門分野があります。
相続税の申告を税理士に依頼する人は年間で5万件しかないと言われているので、経験が豊富な人に依頼をしたほうがいいと思います。

相続の申告における必要書類は?

相続の申告における必要書類はたくさんあり、一つでも抜け落ちてしまうと申告書が作成できなくなってしまうので注意しましょう。
まず、相続の申告をするときの必要書類は、土地や株、現金などの財産の有無にかかわらず、被相続人の身分を証明できる書類と相続人全員の身分を証明する書類が必要になります。
また、土地を相続する場合は登記簿謄本や住宅地図、名寄帳なども必要になります。
上場株式を相続する場合は証券会社の預り証明書や登録証明書が必要で、現金については預金残高証明書や過去5年間の通帳などの書類が必要になります。

相続税の申告を行う前に必要手続を済ませておく

相続税の申告を行う前に金融機関の手続や不動産の登記、分割協議などの必要手続を済ませておく必要があります。
これらを行っていないと相続税の申告が出来ないので注意しましょう。
被相続人が亡くなったら死亡届を提出し葬儀を行うまでは一般的の流れなのですが、金融機関に連絡をしたり、不動産の登記を行ったり、分割協議を行ったりする必要があります。
相続税の申告では残された財産が総額でいくらあるかを提示しなければならないので、金融機関に連絡をして、預貯金の取引ができないようにストップさせておかなければなりません。
また、分割協議が必要な場合は業務外となってしまうので、弁護士などに仲介に入ってもらい分割協議を行い誰がどれだけの財産を相続するかを決めておきましょう。

税理士に依頼すると見えてくる相続税の申告!マイナンバーが必要?

マイナンバーの制度は2016年に導入されたのですが、2018年3月までの普及率は10.7%にとどまっているのが現状です。
税理士の人に相続税の申告を相談・依頼すると、マイナンバーのカードを持っているかということを聞かれると思います。
というのも、相続税の申告にもマイナンバーの番号を記載する場所があり、被相続人のマイナンバーは必要ないのですが、相続人になる人のマイナンバーが必要になります。
マイナンバーの提示はなりすましを防止するために必要だと言われていて、厳格な本人確認ができるものとして提示を求められます。

相続税については書類作成を自分で行う際に大変な作業となってしまうことが多く、一般的には税理士に依頼をしたほうがいいと言われています。
相続税についての依頼をするときは顧問税理士に依頼をして、コミュニケーションを取りながら顧客のニーズに答えて、最後までしっかりと業務を遂行してもらいましょう。
顧問税理士と契約を済ませた時点から仕事がスタートし、相続税の申告だけでなく相続税対策や特例などについても確認してもらいましょう。

新着情報

相続税に関しての依頼は税理士に!契約をする前に確認してみよう

相続税の相談をするときは税理士との契約が発生していません。
契約が発生してからでは税理士を変えてもらうことが出来なくなるので、無料相談をしてもらい税理士との相性や専門性の有無などを判断してみましょう。
問題がないと感じたときは契約を済ませ、相続税の申告や書類の作成等の仕事を自分の代わりに行ってもらいましょう。
相続税に関しての依頼は税理士に!契約をする前に確認してみよう ≫ Click

相続税についての相談や依頼は顧問税理士に!

相続税の申告を行うときは自分でするのもいいのですが、税理士に依頼をしたほうがいいと言われています。
その中でも、顧問税理士に依頼をすることで、最後まで親身になって仕事をこなしてくれると考えられています。
そこで、顧問税理士に相続税の申告を依頼した際に、どんなことを行ってもらえるのかを見ていきましょう。
相続税についての相談や依頼は顧問税理士に! ≫ Click

税理士に依頼するか否かに関係なく相続税の申告にはマイナンバーが必要!?

相続税の申告について調べたり、税理士に依頼することで申告について知れたという人は多いと思います。
しかし、相続税の申告をしたことがない人にとっては、相続税の申告書にどんなことを書かなければならないか知らない人も多いでしょう。
相続税の申告ではマイナンバーが必要で、その理由や申告書の書き方などについて見ていきましょう。
税理士に依頼するか否かに関係なく相続税の申告にはマイナンバーが必要!? ≫ Click

相続税の申告をする前に行う必要手続とは?

相続税の申告を税理士に依頼する、または自分で行うという場合は申告の前に必要手続を終わらせておく必要があります。
この必要手続を終わらせてからでないと、相続税の申告が行えないので注意が必要です。
では、相続税の申告の前に終わらせておく必要手続について見ていきましょう。
相続税の申告をする前に行う必要手続とは? ≫ Click

相続税の申告における必要書類とは?税理士に依頼したほうがいい!

相続税の申告は税理士に依頼すれば、必要な書類を代わりに作成して申告してくれます。
相続税の申告ではいろんな必要書類を集める必要があります。
時間があるという人は自分で必要書類を集めることも出来そうですが、仕事や家事などで必要書類を集める時間を作れないという場合は税理士に依頼をして申告を行ってもらったほうがいいでしょう。
そこで、相続税の申告による必要書類についてまとめてみました。
相続税の申告における必要書類とは?税理士に依頼したほうがいい! ≫ Click